アルバイトや派遣でもキャッシング出来る審査の受け答え

キャッシングは正社員じゃないと審査に不利と言うのは常識です。

しかし、最近ではアルバイトや派遣社員など非正規の雇用形態も一般化しておりますので、キャッシング審査に申し込みすることは多くの業者で可能となっています。

だからと言って誰もが審査に通るわけではないため、一定の基準をクリアすることが重要です。

例えば勤続年数。同じアルバイト先や同じ派遣企業にどのくらい在籍しているかは大きな目安。1年以上在籍していれば高い評価となるでしょう。

そして電話での在籍確認の際、質問をされる場合があります。そこでの受け答えで審査に大きな影響が出てくるでしょう。

一つが借り入れ希望額。もちろん正直に答えるのが大前提ですが、出来るだけ低い金額を伝えることをオススメします。アルバイトや派遣社員は50万円以上の枠を勝ち取ることはほぼ難しいため、実際に今欲しい金額を言うことで良い印象を与えます。

もう1つは利用用途、これも具体的に伝えてみましょう。スタッフの方は親身に応対してくれるでしょうし、正直なことを言うことで審査に良い結果をもたらすことは多々あります。

他社での借り入れの借り換えやおまとめという目的の場合もぜひ正直に伝えてください。諦めずにお申し込みをしてみましょう。

このページの先頭へ