カードローンの申し込みブラックとは?

カードローンに申込んでもなかなか審査に通らない理由の1つに、「申し込みブラック」という状況があります。見聞きしたことのある方もいらっしゃるとは思いますが、ある種、自自業自得とも言える申し込みブラックになるのは避けたいところなので、詳しく紹介出来ればと思います。

申し込みブラックとなるきっかけは、短期間に複数の金融機関にカードローンやクレジットカードを申し込みをしてしまうことから始まります。「どうしても借りたい」という思いから、「沢山申込めばどれか審査が通る!」と一度に申し込んでしまうことです。

■申し込みブラックになってしまう理由何故、短期間に複数のカードローンの申し込みをすると申し込みブラックの扱いを受けてしまうのでしょう。その理由を知ると、意外と簡単で当然と思われるかもしれません。

カードローンの申し込みを受けた金融会社は、個人信用情報機関へその方のことを問い合わせます。登録されているカードローンやクレジットカードの利用状況から、カードの申し込み状況まで様々なことが分ります。その中で、カードローンの申し込みを短期間に立て続けに行っていては、「相当お金に困っているのではないか?」と思われても仕方がありません。「お金を貸しても返済が滞るのではないか?」と疑われてしまうのです。

■申し込みブラックにならないために「どうしてもお金が借りたい」とか、「金利や限度額など条件を比較して契約したい」という思いは理解出来ますが、短期間に複数の金融機関に申し込みをしてしまうのは避けるのが基本です。「何社くらいまでなら?」と思われるかもしれませんが、それは各社の判断基準によるものが大きいので一概には言い切れませんが、概ね3社までならと言われています。貸付条件などを比較して契約先を検討したい場合にも、3社以内に候補を絞って申し込むのが良いのではないでしょうか。

■申し込みブラックになってしまったかな?と思ったら個人信用情報機関に登録されるカードローンやクレジットカードの申し込み履歴は、3ヶ月~6ヶ月で削除されると言われています。お金を借りたい状況で待つのは非常に厳しい状況であると考えますが、次に申し込みをするのは6ヶ月待ってからにするのがベストと言えるでしょう。

このページの先頭へ