カードローンの限度額で後悔する

給料は平均年収レベルなので少ないわけではありませんが、物欲を抑えることが苦手なので、欲しい物を見つけてしまった際はつい購入してしまいます。そのため、せっかく貯蓄するために口座にお金を残しておいたとしても、欲しい物を購入するために引き出してしまうという行為をこれまで何回も繰り返していました。これまでは奇跡的に借入してまで買い物をすることはなかったのですが、どうしても我慢できなくなってしまい、ついに借入したお金で買い物をしてしまいました。

物欲は満たすとスッキリする気持ちがある反面、もったいないことをしたという気持ちもあります。利用した借入方法は、自由に使用できるお金を融資してもらえるカードローンです。お金が足りないと感じることが多かったので、どうしても必要になった時はカードローンを利用すると決めていました。定額で返済することができるので、仮に大きな金額を借りたとしても、少しずつ返済できることが魅力的でした。

ただ、大きな金額を借りてしまうと、利息の返済負担が増えるのは痛いです。そんなに利用するつもりはなかったので、限度額について深く考えていませんでしたが、今考えると限度額をもう一段階低くすれば良かったです。そうすれば、返済の負担が大きくなる状況は避けられたからです。しかし、カードローンの限度額は希望すれば下げることは可能なので、現在は無理のない範囲にしているため、今後は適切に利用していけそうです。

このページの先頭へ