キャッシングと情報の共有について

キャッシングは会社ごとにそれぞれ全て独立している、と考えてはいないでしょうか。もちろん会社としては別々ですが、一部情報を共有しているため、その情報が元になって審査に影響する可能性は大いにあり得ます。

では、どのような情報が共有されているのでしょうか。例えば、信用情報がこれに該当します。信用情報とは、その人が過去どのような借り入れをしてきたのか、またきちんと返済をしてきたのかを確認するものです。当然そこで何らかのトラブルを起こしていれば印象はマイナスに傾きますし、それが原因で審査に落ちてしまう方は大勢います。

つまり、他のキャッシングでは延滞してしまったけど、別の会社を選べば問題ないだろうという考えが通用しないのです。どこかのキャッシング会社で興したトラブルは他の会社にも伝わっていますし、参照できる情報として記録されています。これを回避するには、普段から正しく返済を繰り返すほかありません。

もし、キャッシングに落ちる原因がわからないのなら、これが原因ではないか疑ってみましょう。キャッシングの情報は共有されていることを知れば、普段からきちんと返済しようという気持ちになるはずです。誠意をもって利用すれば問題ないのです。

このページの先頭へ