キャッシングの審査の際に注意すること

キャッシングの審査の際には必ず、本人確認と在籍確認が行われます。

この本人確認とは、申込書に記入された氏名、住所等の個人情報が間違いなく申込者本人のものかどうかを確認することです。そのために、運転免許証か健康保険証、もしくはパスポートが用いられます。それで、キャッシングを申込む際には、これら身分証明書として用いられる公的書類のうち少なくとも一点を必ず持参しましょう。

そして、もし引越して住所が変わったのであれば、予め身分証明書の住所変更を済ませておくことは言うまでもありません。では次に、在籍確認とは何でしょうか。それは、申込者が本当に、申込書に記入した勤務先に在籍しているかどうかを確認することです。

そしてその確認は、申込書に記入された電話番号に実際に電話をかけることによって行われます。ですから、キャッシングの申込みに行く前に、勤務先の電話番号も確認しておくことが大切です。この在籍確認について聞くと、ある人たちはキャッシングのことが勤務先にバレることを恐れるようです。しかし、その心配はありません。

なぜなら、この在籍確認の電話は、友人を装って個人名で行われるからです。

このように、本人確認に必要な身分証明書と在籍確認に必要な勤務先の電話番号を忘れずに準備しておくなら、キャッシングの審査について、心配する必要はないでしょう。

このページの先頭へ