私は東京都内にある従業員数が2000名規模の商社で経理マンをしている40歳のサラリーマンです。家族は、私の母親と妻、それに子供が1人の4人家族です。趣味は美術館巡りや旅行です。

私がキャッシングを利用した目的は、通勤用の定期券購入費を借りるためでした。私が勤務している会社では、半年分の定期券代金を事前に給与振込口座に入金してくれるのですが、私は会社の同僚と何回かお酒を飲んだことで、定期券代金をすべて使い切ってしまい、定期券を購入するお金が手元になくなってしまったのです。

そこで、情けない理由であったため妻に相談するわけにいかず、自分の力で定期券代を調達する決心をしたのです。つまり借金です。

ホームページから借金の申し込みができ、なおかつ審査がとおったあとは銀行口座にお金を入金してくれる消費者金融を探したのでした。するとアイフルが、それに該当する会社のようでした。

アイフルのホームページの入力画面に、勤務先や年収などを入力し、希望借入金額として7万円を入力し申し込んだところ、次の日には会社宛に在籍確認の電話があり、その日のうちに審査がとおった旨の連絡をもらうことができました。在籍確認の電話は、会社の代表電話をとる女性社員がとったのですが、個人名で電話がかかってきましたし、電話の内容も「〇〇さんいらっしゃいますか」という言葉だけだったようですので、私がアイフルに借金申し込みの確認をしたことは、会社にはバレなかったようです。

私は審査の連絡をもらったあと、会社帰りにセブンイレブンに立ち寄り、セブン銀行のATMで自分の銀行口座に7万円が入金されているか否か確認したのですが、きちんと入金されていました。借金の申し込みをしてから、わずか1日間でお金を貸してくれたのですから、スピードの速さに感心させられました。

ちなみに、金利は18%で、借入限度額は100万円に設定されました。結果的に、妻にさえ借金したことはバレませんでしたので、大変ありがたいと思いました。資金が必要になったときは、また利用したいと思っています。