はじめまして、東京都足立区に住むりりこ(仮名)です。夫と小学生の娘と息子がいる4人家族です。夫は中小企業のサラリーマンで年収は400万円くらい。私は近所のスーパーでパート勤務をしていますが、毎月家計は火の車です。

最近の引っ越し代について、皆さんはどう思いますか?現在住んでいる団地が老朽化して、建て替えのために新しい住まいを探さなくてはいけなくなりました。東京都から埼玉県のアパートに引っ越す予定なのですが、なんと引っ越し代は45万円。夫の毎月の給与を上回る額にビックリ仰天してしまいました。皆さんも高すぎる引っ越し代に、泣いた経験はありませんか?

距離が近いから安く済むだろうと見積もっていた引っ越し代。せいぜい高くても近距離なので20万円くらいでお釣りがくるだろうとタカをくくっていたのです。古い団地は取り壊される予定で早々に退去せざるを得ない事情もあり、どこかのお世話にならなければいけない状態。引っ越し業者数社に見積もりを取ったところ、3月の繁忙期なので20万円なんて安い金額ではアカが出てしまう、安くても40万円台はかかると言われてしまいました。

夫に相談したところ「両親に金を借りるか?」と言われました。実のところ、夫の両親はあまり良い性格とはいえません。金の無心に来た…と思えば、今後あたまが上がらないにきまっています。私の親は地方に住んでいますが高齢のため、わずかな年金で暮らしている立場。私的な事情で親に借金を頼みにいくのは、どうしてもできませんでした。

夫の毎月のサラリーと私のパート代をかけあわせても、高額な引っ越しはまかなえないと判断。少額のため銀行のお世話になるのは物足りなく、街のカードローンのお世話になることを決意。夫は以前カードローンの延滞がありブラックリストに載ってしまったとかで、借金をやすやすはできない身。ダメ元と思いながらも、パート勤めの私名義でカードローンの申し込みをおこなうことにしました。

大手A社とB社には断られたものの、アコムのキャッシング審査には合格。引っ越し代の諸費用もかさむと思い50万円の申請をおこないましたが、全額とおりました。金利は30日間であれば無料とのこと。臨時のボーナスをもらえたようで、思わず心の中でガッツポーズをしました。指定の銀行口座にきちんと振り込んでくれ、スグにお金を利用することができました。

まとめ

高すぎる!どうしよう!と頭を悩ませていた引っ越しでしたが、カードローン利用のおかげでスムーズに資金をゲットすることができました。私も夫も毎月の稼ぎがそれほど多い方ではないため、このようにまとまったお金をゲットできるのはとても助かります。多くの引っ越し業者さんは古い体質のところが多いせいか、クレジットカード払いを受け付けてくれません。

現金払いがキホンのところが多いため、まとまった金額を用意できないと「引っ越しできない」と断られてしまうこともあるようです。カードローンは怖いもの、主婦は利用できないものと決めつけていましたが実際に利用してみるとそんな事は無かった。今では主婦の頼れるミカタだと思っています。